年金受給開始が71歳以上に!?【政府の制度国民の声は?】

年金 税金 受給開始 71歳

 

国民年金受給開始が71歳から!?

税金や年金の問題っていつまでたっても不安のままですよね。そんななか政府が年金受給開始を71歳から開始!?という記事を発見しました。

まさかまた年金受給の年齢を引き上げにかかったかのか?と思いきや勘違いしていました。

今回の『自民党、1億総括活躍進本部』についてまとめてみましたので、ご覧下さい。

年金支給が71歳からに?

自民党の1億総活躍進本部(川崎二郎本部長)は、10日に高齢者が働ける環境を整備すると同時に、現在では60歳~70歳で選択可能な年金受給開始時期について、希望者には71歳以上にも選択できるように制度を見直すということを目標にしました。

どういうことかというと、国民年金をもらえる年齢65歳を基準に、それより早く受給すれば減額、遅く受給すれば増額するという仕組みを作るというのです。

もともと年金をもらえる年齢は60歳からだったことに対し、またもや受給年齢を引き上げるのか?と思いきや、希望者のみだったんですね。

この取り組みには、まだ働きたい!という高齢者のために設けられる制度で、社会保障を「支える側」に回ってもらい、年金財政の安定を目指しているそうです。

働きたいと思う高齢者の方にはいい制度かもしれませんね!

そして自分で選ぶことができるので、もう働きたくない!という人でも通常通りに年金がもらえるので良いと思いますが、65歳未満で受給してしまうと減額というのが少し痛い感じもします。

政府はこの制度や年金の新ルール導入5年後には基礎年金の支給額は導入前と比べ0.6%減るとされているそうです。

この支給抑制によえり、将来世代の支給額は43年度に0.6%増加のめどを立てているそうですが、はたして上手くいくのでしょうか。不安は尽きないばかりですね。

もし60歳から年金を受給するという人が大勢いたら、制御どころか減ってしまうのではないかという声も出てくるのでは・・・

こちらもチェック!

1億活躍

高齢者が働ける環境を作るのも良いと思いますが、少し働きすぎじゃないか?とかわいそうになる部分もあります。

せっかくの老後生活が長引いたり、やりたいことができなかったり、体を悪くしてしまう可能性もありますので、あまり無理はしてほしくないと思います。

年金制度の見直しや増税や新しい税金の制度を作り、若い世代の国民を苦しくしている可能性もあります。

何が一番いい方法なのか、みんなが納得する方法などは見つかるのは難しいかもしれませんが、今後も頑張っていただきたいですね。

個人的には無駄なお金が流れ過ぎていると思いますが・・・

いっそのこと宝くじスクラッチといった夢にかけてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

万が一に備えていますか?

「あの時こうしておけばよかった・・・」

そのような経験はありませんか?

地震も災害もいつ起こるかわかりません。

あなたならどうしますか?

ディフィンドフューチャー

関連記事

ギャンブル-競艇-競輪-パチンコ-税金

ギャンブル【競艇,競輪,パチンコ】は税金の対象?知らないと損する一時所得とは?

ふるさと納税-とは-仕組み-簡単-上限

ふるさと納税とは【猿でもわかる簡単な仕組み説明】メリットだらけの理由

競馬 税金 いくらから

競馬で大儲け!【知らないじゃマズイ】馬券の税金はいくらから払わないといけないの?