仮想通貨の投資リスクや税金は?初心者でもできる始め方!



仮想通貨 投資 リスク 始め方 税金

 

仮想通貨投資を始める方はリスクや税金についてしっかり学ぼう!

仮想通貨と聞くとビットコインやイーサリアム、ネムやリップルなどがありますが、投資をする際に知っておかないといけないリスクを紹介します。

仮想通貨投資をしたいけど始めるのが怖い、ちょっと不安と思うかも知れませんが、しっかりとした知識を身に着けるとあなたも挑戦したくなるはず!

スポンサーリンク

投資リスクは?

仮想通貨(ビットコインなど)の投資リスクで考えられることは以下の通りです。

  1. 信用
  2. セキュリティ
  3. 詐欺

です。

投資をする上での不安要素をなくすべく、まずはしっかりと理解することが重要です。

もしかするとあなたはビットコインや仮想通貨について誤解していたものかもしれませんので、今一度見直してみましょう!

「分かっとるわい!」

という方は飛ばしてくださいね!汗

1、信用

基本的な考え方は株などの投資と同じなのですが、大きく違うところが「日本銀行のような管理者がいない」ということです。

また日本円のように手に触れられるのではなく、ネット上のウォレットと呼ばれる口座に管理されているので、不安を抱く人はまだまだいます。

ビットコインやその他の仮想通貨は「金(きん)」のようなものと考えていただければいいと思います。

数に限りがあるので需要と供給で価格変動があります。

今現在では、特に日本ではまだ怪しいと思われている商材ですが、世界的にみるとかなり期待されている世界通貨です。

仮想通貨のメリットデメリットについては下記で説明します。

2、セキュリティ

仮想通貨の取引所はユーザーと取引所のやり取りになるので、一時的にサーバー上に管理することになります。

例えばの話ですが、そのサーバーがハッキング被害にあい、預けていたはずの仮想通貨が盗まれてしまった。

となると保証が一切ありませんので、今までの仮想通貨はおじゃんとなります。

証券会社やFXなどは、会社が破たんしても顧客の資産を変換できるように徹底して資産区分する規制がありますが、仮想通貨取引上には今はまだこのようなことがありません。

セキュリティの面では各取引所も強化はしていますが、少しでも不安がある方は、この規制がしっかりと整うのを待ってから投資することも一つの手かもしれません。

3、詐欺

「絶対に上がる投資」などというものはありません。

中でも信用度の高い「ビットコイン」もはじめは1BTC=数万円(BTC=ビットコイン)でした。しかし現在(2017年7月)では20万円後半の価値に上がっています。

今になると、初めのうちに買っておけばよかった・・・と思いますが、その当初は誰もここまで価値が上がるとは予想していません。(一部の投資家などは別ですが)

個人で取引する方で、世に出たばかりのまだ全く流通していない商材を信じて投資する人はかなりのギャンブラーです。w

しかし実際にこのビットコインで資産を増やした人は多くいます。

「はは~ん。じゃあ流通し始めたばかりの仮想通貨を狙って投資すればこのビットコインのように設けることができるんじゃね?」

と考えていませんか?それが一番危険です。

仮想通貨の種類は今や2000種類以上と言われています。そして今後も増えることでしょう。しかもそのほとんどが詐欺に使われるケースがあるというのです。

ですので、流通し始めたばかりの仮想通貨に投資をするのはかなりのリスクがあると言えます。

投資メリットとデメリット

仮想通貨のメリットデメリットについてです。

メリット

宝くじ 確率 スクラッチ 買い方 当たる

24時間取引可能

世界中で取引されているので24時間365日取引が可能です。

逆を言えば気になったら目が離せないですね!

少額取引可能

株式やFXでは数万円からの投資がほとんどですが、仮想通貨は1000円もあれば投資ができます。

もちろん初めから10万円以上の投資もできますが、手始めにどんなものかを知りたいからお試しで・・・という方にはぴったりです!

送金コストが劇的に安い・世界共通通貨

銀行などと違い、土日や時間に関係なくいつでも送金可能です。

また、日本円をドルに換える時など手数料が発生しますが、もし仮想通貨を持っているれば、海外に行ったときに仮想通貨で決済ができる場合や現地で仮想通貨から換金することが可能です。

そのことにより手数料を払わなくていいので、海外に良くいかれる方などにはお勧めかもしれません。

ブロックチェーン

ブロックチェーンとは、一つの場所でデータを管理するのではなく、「複数の場所に分散してデータ管理」を行うことです。

銀行や会社などでデータを1カ所に集めて管理している場合、データがウイルスに感染や改ざんされると復旧にかなりの時間が必要になります。

しかし、「ブロックチェーン」は1つのパソコンがハッキングや改ざんされても、他のパソコンにデータを分散してあるため、不正やデータ消滅などを防いでくれます。

 

デメリット

ふるさと納税-とは-仕組み-簡単-上限

信頼度がまだ高くない

仮想通貨=実体がないものなのでまだまだ日本では怪しいとされています。

また、仮想通貨での詐欺事件があると「やっぱり怪しい」となってしまうので、日本で理解されるのは数年かかると思われます。

しっかりと勉強して知識を身に着ければ、理解できると思います。

法規制がまだ整っていない

FXや株式は倒産しても法規制により守られています。

しかし、まだ仮想通貨はこのような法規制が整っていないため、まだ信用できないものと思われているのも事実だと思います。

今後、改善されると思いますが、それまで待っているのか今、投資するのかはあなた次第です。

始め方や初心者はまず何をすればいい?

仮想通貨 取引所 購入 比較 おすすめ

 

まずは登録も何もせずに、何日間かビットコインの価格の変動を見ているだけでもいいと思います。

取引所はどこでも構いませんが、個人的なおすすめは「bitflyer」です。

国内でも一番人気といっても過言ではなく、取引のやり方も非常にわかりやすいです!

税金や確定申告は必要?

仮想通貨は確定申告をしないといけない可能性があります。

確定申告が必要な人は以下の通りです。

  1. 収入が2,000万円以上の人
  2. 20万円以上の副業収入がある人
  3. 2か所以上から給与をもらっている人
  4. 災害減免法により、源泉徴収の猶予などを受けている人

です。

この場合、②が当てはまりますので、仮想通貨で20万円以上の収入がある方のみ必要となります。

しかし、税理士さんなどに問い合わせてみると、現時点では仮想通貨の実例がないため「雑所得」か「譲渡所得」になると思うと回答しています。

詳しくは知り合いの税理士さんに聞くのが一番ですね!

まとめ

仮想通貨はまだまだ法的な面では整備されていません。

ですので、信用も薄い状態といっても過言ではないでしょう。

しかし、今後ビットコインやその他の仮想通貨は世界的に日常になりえるといわれております。

あの時買っておけばよかった・・・と後悔するのか、今自分で動くのかはあなた次第です!

 

 

コメント